占星術での様々な分類に分けておくことで、星座の特徴などをはっきり理解でき、占いの参考になる。

雑学入門 占いには色々な種類がある
雑学入門 占いには色々な種類がある

星座の分類を占いに活用

基本的な占星術の中では、一番有名な方法として男性と女性の星座があるということをご存知でしょうか。とはいえ、男性だからということや、女性だからという理由できめられているのではなく、占いのための便宜上の方法であるといえます。たとえば、男性星座として牡羊、双子、獅子、天秤、射手、水瓶座の6つがあげられています。残りの6つが女性のカテゴリーに入るものです。男性でカテゴリーされるタイプのものは、比較的行動的であり、男性的に積極的に行動することが多いです。残念ながら欠点としては周囲の心にきびに気づきにくいという部分でしょう。逆に女性のカテゴリーに入る部分としては、内向的でありながら熟考型で、相手の気持ちを慮った行動が多いことです。残念ながら欠点としては秘密主義や石橋をたたいて壊してしまうくらいの慎重性でしょう。

大まかな特徴として分かれているので、それほど気にすることはありませんが、これのほかに火や土などのエレメントの問題を取り扱うことによって、どのような占う方法をとったらいいのかがわかります。非常に細かい分類では、12のカテゴリーのどの部分に惑星が入っているのかを把握することにつながりますので、非常に細密なホロスコープを適切に把握しておくことによって、自分の人生における参考にすることが可能であるといえます。自分達で将来に様々なポイントを選ぶ為の参考として非常に役立つものと考えられているのがいいところです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017雑学入門 占いには色々な種類がある.All rights reserved.