星座によってさまざまなわけ方を経て、その分かれた部分によって占いの結果が異なってくるといえる。

雑学入門 占いには色々な種類がある
雑学入門 占いには色々な種類がある

星座の分け方と占い方法

一般的に12星座を使った占星術では、ある程度様々なグループに分かれているのですが、火や土、水や風といったエレメントによって分かれる方法ではなく、3つの方法によってある程度分かれているといえます。活動宮と不動宮、そして柔軟宮というわけかたなのですが、それぞれ4つのエレメントが入ります。たとえば、活動宮というのは、自分から積極的に考え、自発的に動き、とにかく自分が主権を握っている対人関係を好みます。とにかく自分自身の考えを積極的に前に打ち出すやり方を好みます。牡羊座や蟹座、天秤座と山羊座がこの活動宮といわれているカテゴリーに入って占いがおこなわれます。次に不動宮の特徴として、日々地道に努力し、おおらかでおっとりしている人が多いのが特徴です。比較的のんきですが、こうときめたらぜったに動かないので、頑固に思えることもしばしばです。牡牛座や獅子座、そして蠍座や水瓶座がこのカテゴリに当てはまります。

一番現代的な発送ができやすいといえるのが、柔軟宮です。その特徴としては、状況判断が非常に上手であり、機転が利く人が多いのが特徴であるといえます。状況に応じて様々な判断をすることができ、臨機応変というのは彼らのためにある言葉です。ただ残念なことに、飽きっぽいのも特徴といえます。これらの特徴と、4つのエレメントなどを組み合わせておくことで、自分自身の性格などを的確に把握することが可能といえます。魅力的なやり方を学んでおくことこそ、大切なポイントでしょう。

Copyright (C)2017雑学入門 占いには色々な種類がある.All rights reserved.