占星術で年によって同じ日なのに違った星座になるのは太陽の影響なので、それにあわせて占いをする。

雑学入門 占いには色々な種類がある
雑学入門 占いには色々な種類がある

星座の占い方について考える

時々占星術の中で、生まれた年によって同じ日の生まれにもかかわらず、星座が異なる場合も少なくありませんが、なぜ異なるのかわかっている方も少なくありません。その理由として、星の運行が大きく関係しているのです。というのも、太陽占星術の中では、ある一定の期間太陽がその星座に入っている期間が決まっており、その期間にあわせて生まれたときの星の配置などが異なってくるのです。そのため、占いで日にちが違うというのは、毎年入っている機関が異なっているので、非常に不便ながら同じ日に生まれていても、残念ながら違った生まれになるというのは事実です。もし自分自身の生まれ側からない場合には、本格的な占星術の本で占いをしておくと、大変安心できる結果を見出せるでしょう。

また、同じ星座の下に生まれてきていても、その日付によってかなり性格が異なると占星術ではいわれています。たとえば、牡羊座の最初のほうに生まれてきた人は、純粋なおひつじ座といわれていますが、おひつじ座の最後のほうに生まれてきている人は、同じ日のグループ内のいて座の影響を強く受けてしまっていることもあるので、多少占星術の結果からはみ出してしまうこともあるのです。そのため、自分自身の生年月日によってホロスコープといわれている正確な星の配置表をプロに出してもらうことによって、安心して自分自身がどのような生まれになっているのか、どの程度の魅力があるのかわかりやすくなるでしょう。

Copyright (C)2017雑学入門 占いには色々な種類がある.All rights reserved.